どうも、しゅうぞうです!

前回、テニスを始めたきっかけについて書かせていただきましたので、
今回は、「なぜテニスを始めたのか」について書いていきたいと思います。
(前回の記事はこちら

前回書いた通り、長年にわたり第一の趣味だったバスケットボールを怪我を理由に辞めたわけですが、趣味人のしゅうぞうとしては、仕事も家庭も全部忘れてのめりこめるような何かが新しく欲しいなと思っていました。
そこで、「どういうことを趣味にしたいか?」ということを考え始めた時、下の3つの希望が出てきました。

体を動かすこと
おじいちゃんになっても楽しめること
手軽にできること

1つ目の希望については、「やはりスポーツがいいな」ってことですね。
怪我はしましたが、手術とリハビリのおかげで、幸い後遺症もなくほぼ体は良くなっていましたし、ずっとバスケットをしていたおかげで体力は有り余っていましたからね。。
文化系の趣味も素敵だな―と思いつつも、やはりスポーツがしたかったですね。

2つ目の希望については、どうせやるなら一生できることがいいなってことです。
例えば、バスケットだとどうしても若い人のスポーツで、40代50代60代と年を重ねながら続けていくのは結構厳しいです。。
体力面もそうですし、私がいい例であるように、怪我のリスクもかなり高いですからね。
(とは言え、おじいちゃんになっても続けてる人もいます。そういう人は本当にすごいと思います)
なので、新しく何かするのであれば、なるべく年齢に左右されないものがいいなと思ったんですね。

3つ目の希望については、頻繁にできることがいいなってことです。
バスケに関しては、社会人になってからも週に2回くらいに頻度ではやっていましたので、できればそのくらいやれるものがいいなと思ったんですね。
月に1回しかできないとかでは、ちょっと物足りないですからね。

で、3つすべて満たすものが…
テニス
これしかないと思いました!


1つ目については言わずもがな
王道のスポーツの一つですからね。

2つ目
についても、テニスはばっちりです。
始めてみてから実感したのですが、テニスはプレイしている年齢の幅が広い!!
下はそれこそ幼稚園くらいから、上は80歳オーバーの人までやっています。
平均寿命が延びてる昨今、もしかしたら100歳プレーヤーなんかも結構いるのかも…
その一つの大きな理由がおそらく、「人とぶつからない」ってことかなと思います。
バスケやサッカーで、どんな時によく怪我をするかと言えば、やはり人との接触ですからね。
それがない分、テニスはリスクとしてはだいぶ少ないんじゃないかと思っています。

3つ目についても、クリアしてますね。
皆さんも、その辺の公園とかでテニスをしている人たちを見かけたことってあると思います。
そこまで手間をかけず、週末や仕事上がりに楽しめると踏みました(実際その通りでした)。


と、こんな思考で始めたテニスですが、実は最後まで迷ったのがゴルフでした。
ただゴルフは、「思いっきり汗をかくスポーツ」というイメージではなかったこと、手軽にできるという点でテニスよりは難しそうだったことあたりを考慮して、断念しました。
今でも、やってる人の話なんかを聞くと面白そうだなーとは思うんですけどね。

でも、思い切りテニスを楽しめている現状があるので、その時の選択は間違ってなかったなと思っています!

次は、テニスを始めた当初の話を書いていこうと思います。

読んでいただき、ありがとうございました!
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。

テニスランキング