どうも、しゅうぞうです!

今回も、「テニスオフ」のいいところについて書いていきます。
テニスオフは、趣味プレーヤーにとってはとても使い勝手のいい仕組みだと思うので、スクールやサークルでテニスをされている方もお時間があればぜひ使ってみてください(・∀・)つ
前回・前回の話も合わせて読んでみてくださいね
(前々回の内容はこちら
(前回の内容はこちら

前回に続いて4つ目のテニスオフのいいところ、スクールよりたくさんのボールが打てる ことです。
テニススクール、特に都内のテニススクールに通ったことがある方はお分かりかと思いますが、スクールのクラスってかなり人が多いこと結構ありませんか?
もちろん、スクールやクラスによると思いますし、「いやいや少人数で快適にやれてます」って人もいると思うんですが、私の通っていたスクールはかなりすし詰め状態で…(; ̄Д ̄)
「ボール打ってる時間より待ってる時間の方が長い…」なんてことが多々ありました。

その点、テニスオフではそういうことはほとんどありません。
ダブルスならどんなに多くても1面6~7人、4人5人でほとんど休憩なしでみっちりやっているところもたくさんあります。
私は基本的にシングルスをやっているので、2人か3人でやっていますが、終わった後、かなりやり切った感がありますよ!
スクールやサークルで、運動量的にちょっと物足りなさを感じている方にはぜひ試してほしいです

ラスト、5つ目のいいところ、安い!ことです。
テニスオフは、だいたい2時間で募集しているところが多いですが、良心的なオフはコート代とボール代(ナイターだとプラス照明代)を参加人数で均等割りするので、ダブルスで一人数百円、シングルスで1,000~1,500円程度のところが多いです。

これが、スクールだとどうでしょうか?1コマ90分で3,000円くらいはするんじゃないでしょうか?
もちろんスクールは、ボールを打つだけでなくコーチの方が教えてくれるので、コーチ代が料金の中には計上されているわけですが、上に書いた通り、スクールだと人数も多く、ろくにボールを打てないこともありますよね。
そう考えると、テニスオフはコスト面でも結構効率がいいのかなあと思っています。
ただし!オフの中には、たまにコート代やボール代の経費以上に参加者から費用を徴収するようなところもあります。参加するときは、料金表記をよく見て、許容できる範囲のオフに参加することをお勧めします。


読んでいただきありがとうございました!
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。
また、ランキングにも参加してますので、よかったら下をクリックお願いしますm(_ _)m

テニスランキング