サボリーマンしゅうぞう テニス情報誌

趣味でテニスをしている人にとって、楽しく参考になる内容を書いていくブログです。 テニスを始めようとしている方、どこでテニスをしたらいいかわからない方、テニススクールに通っている方、テニスサークルに入っている方、仕事をしながらテニスをしている方 などに是非ご覧いただき、ご自身のテニスライフにお役立ていただけたら幸いです。

タグ:テニス上達

どうも、しゅうぞうです!

クリスマスも終わり、色々年末のバタバタ感がある時期になってきましたね。
今年のテニスは、皆様いかがでしたでしょうか?

私は、年始に「仕事面」「趣味面(テニス面)」「家庭面」「その他面」と4つの分野で目標を立てるようにしていましたが、テニスの目標と達成状況はこんな感じになりました。
草トー初級に優勝する達成
草トー初中級に優勝する未達成(悔しい…)
草トーオープンに出場する達成(全敗でしたが)
慶應チャレンジャーを観戦する達成

「下の2つ、簡単すぎない?」と思われるかもしれませんが…(笑)
意外と難易度高いんですよ。
3つ目なんて、ボコボコにされる覚悟が必要なんですからね!(案の定されましたし
4つ目も意識しないと、見過ごしちゃいますからね。
この2つは、今後テニスを続けていく上で、やる気を上げていくために設定しました。
趣味レベルだとしても、やはり何かを目標にしてやった方がメリハリも出る!というのが私の考えで、初心者の頃から目標立ては継続してやっています

皆様は、どんなことを目標にして、テニスをされてますでしょうか?
もし、「特に目標はなくやってます」という方がいれば、小さいことでもいいので、何かしら形のある目標を立ててみることをお勧めします!
それだけで、テニスへの取り組む意識もちょっと変わって、もっともっと日々のテニスが楽しくなると思いますよ

ということで今回は「テニスをする上でのおすすめの目標」というテーマで書いていこうと思います!新年に向けて、皆様も目標を立てていただき、さらに充実したテニスライフになることを願って書かせていただきます。(ちなみに、目標はあくまで私のような趣味レベルプレーヤー向けですのでご了承ください)

1.試合に勝つことを目標にする
テニスが、相手と勝敗をつける競技である以上、まずはこれではないでしょうか。
勿論、試合とか大会は考えずにサークルやスクールで楽しくやるというのも全然アリだと思います。
ただ、長くやってるとどうしても、マンネリ化してしまったり、ちょっとなあなあになってしまうということも人間あるかと思います
なので、そこにちょっとしたスパイスということで、試合出場を盛り込んでみると、いつものスクールやサークルでのテニスがもっと楽しくなるはずです
「私下手だし、試合なんて…」と思う必要は全くありません!
テニスは幸いにして、たくさんの大会が毎日のように開催されていますし、どんなレベルであってもぴったり合う試合はたくさんあります
おすすめの大会については、また今度ブログで掲載させていただく予定ですので、そちらも参考にしてみてください。

2.スクールでの昇級を目標にする
これも、スクールに行かれている方には一つメジャーな目標としてアリだと思います。
スクールによって、昇格する要件はいろいろあるのかと思いますが、少なからずスクールのコーチに上達を認めれなければ上のクラスには行けない(はず)ですからね。
客観的に自分の上達を測れるいい指針になると思います
私も、テニスを始めた当初はスクールでしかテニスをしてませんでしたから、とにかく昇格を目指してやっていたところがありました。
昇格を妨げている技術(私の場合はボレー)を何とか上達させようと、あれやこれや試行錯誤して、ボレー系のレッスンメニューの時は、上手くなったことをコーチにアピールしようとして(笑)
まあ昇格昇格!になりすぎるのもどうかとは思いますが、ちょっと意識するだけでも日々のレッスンにちょっとした緊迫感が出て、モチベーションアップにつながると思います!

3.サークルでのゲーム練習の成績を意識する
サークルやテニスオフを主体にテニスを楽しまれている方には、これも一ついいかなーと思います。
上達を測る大きな指針の一つは、やはり「数字」です。
普段のゲームでどれくらい勝ったか、ダブルフォルトは1ゲームの中で何回か、サーブキープ率は何%か、アンフォースドエラーはいくつか… 
そういうところがどのくらい変化しているのかを追っていくのもおすすめです!
「そんなのいちいちゲームしながら覚えてられないよ」という人はゲームをぜひお手持ちのスマホで撮影してみてください
これは、数字確認以外にも自分のフォームや打ち方をチェックできるのでいいですよ。
結構思ってるフォームと全然違うことってありますからね…私も初めて自分のフォームを撮影して見てみたときはあまりの酷さに衝撃を受けました(笑)
スマホ一台と簡単なスマホ用スタンドがあればすぐできるのでぜひ撮ってみてやって見てください。
数字と映像で自分のテニスを知れば、上達も早いですよ!
スタンドは私は↓のやつを使ってます。ラケットバッグにも入るのでよかったら画像から詳細を見てみて下さいね


今回は、テニスをする上での目標について書かせていただきました。
ただでさえ楽しいテニス!具体的な目標を立てることで、もっともっと楽しくなると思います。
来年に向けて、皆様もやってみてくださいね!
私も、来年も頑張っていきたいと思います


読んでいただきありがとうございました!
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。
また、ランキングにも参加してますので、よかったら下をクリックお願いしますm(_ _)m

テニスランキング

どうも、しゅうぞうです!

皆さん、クリスマスイブは楽しく過ごせましたでしょうか?
一応我が家では、予算を決めて毎年妻とプレゼント交換をしているのですが、今年私が貰ったプレゼントがなかなか面白かったので、ご紹介します。

それが、↓です!



スピンフォーム」という商品なのですが、なんとこれフォアハンドのスピンショットをマスターできるトレーニング器具なんです!
いやーこんなのあるなんて知ってましたか?
今の世の中、いろんな上達グッズがあるんですねえ。

商品説明としては、↓のように書いてありました。


ま、マジかよ…
確かに、安定してトップスピンがかからないのは気になっていたけど、それを矯正できるものがあるとは…
ちなみに使い方はいたって簡単。


まあ、要は手にくっつけて普通に振るだけということですね。
本当にこんなので、スピンが打てるようになるのか?と疑いながら、とりあえず素振りしてみました。
すると、予想以上に腕の形、手首の形を固定されます。
言葉でいうのは難しいのですが、上の写真の2と3のような形で、しっかりと腕と手首がコックされるって感じです。
で、振ろうとすると上から叩きつけるようには腕を振れないので、必然的に下から上へ振る感じになります。しかもいつもの自分の振りと比べて、かなりコンパクト!腕が大きく動かせないから、当然なんですが。

鏡で見ると、なんか様になってる感じがしました(笑)
プロ選手を見てると、今はかなりテイクバックも小さめにコンパクトかつ鋭く振ってますよね。
心なしか、鏡の中の私のフォームもそれに近い気がします
w(゚o゚)w オオ!

いつもだいぶ大振りしてたのかな…という気になりながら、ブンブン素振りを繰り返しましたが、なんか振り抜きの感覚が掴めてきたような気がします。
いてもたってもいられなくなり、近くのオートテニス場に実際にボールを打ちに行ってみました。
クリスマスイブの閉店間際に駆け込んできて、変な器具をつけながらボールを打ち出すおじさん。
店員もなんだ?と思ったかもしれませんが気にしません(笑)

で、打ってみた感覚ですが、これは確かにいいかも知れません。
これをつけて打つと、確かにしっかりスピンがかかります。しっかり打てれば今までよりはるかにスピンが効いたボールが飛んで行っているのがわかります!
で、一番なにがいいかというと、この腕と手の形で固定されると、ボールを前で捉えなければ打てないんですよ。かつ、手も自由に動かせないので、足を動かして球の後ろに入らなくてはなりません。
なので、
1.しっかりボールの後ろに入る
2.コンパクトにテイクバック
3.鋭く下から上に振りぬく

という一連の動作が自然とできるようになります。

今までは、ボールの後ろに入れなくても、手打ちでごまかしていたんだな…というのが実感できました
しばらく器具で練習した後、器具を外して1回やってみましたが、今までより足を動かすことと振りぬくことへの意識が高くなっていて、いつもより強く、スピンの効いたボールを打てたように感じました!

しばらくは、これを使って自主練をしていくことにしたいと思います。
これと、前回ご紹介させていただいたリアクションボールを併用してトレーニングしていけば、また一歩上達できる!気がします(笑)
(リアクションボールについてはこちら

皆さんも、ストロークでいいスピンショットが打てず悩んでおられる方もいると思います。
スピンフォーム」はそんな状況を打ち破るには、いい手段かなと思いますのでよろしければ、試してみてください!

ちなみにこれと同系統で、ボレーの練習器具もあるみたいです。
こっちもそんなに高くないので、いずれ試してみようと思います!


今回は、フォアのスピンショットをしっかりマスターできる器具をご紹介させていただきました!他にもテニスで役立つグッズや本の紹介も書いていってるので、よかったら見てみてくださいね!
テニスの防寒対策 おすすめのグローブ紹介

職場に持っていけるおすすめラケットバッグ

テニスを始めて3年で草トーに3回優勝した私がおすすめするテニス上達本3選

テニスを始めて3年で草トーに3回優勝した私がおすすめするテニス上達youtubeチャンネル4選

テニス上達には強化必須 動体視力を鍛えるおすすめグッズ




読んでいただきありがとうございました!
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。
また、ランキングにも参加してますので、よかったら下をクリックお願いしますm(_ _)m 


テニスランキング


どうも、しゅうぞうです!

皆さんテニス向上に向けて色々トレーニングをされている方も多いかと思いますが、「」のトレーニングってされてますか?
テニスは、動いているボールを捉え、正確に打ち返す競技です。
なので、ボールを捉える目、特に動いているものを捉える能力「動体視力」の強化は、競技力の向上には結構重要とのこと。

ちなみに、動体視力は18~20歳がピークと言われていますが、スポーツトレーナーをしている知人に聞いたところ、何歳であってもトレーニングすれば強化することができるようです。
目を動かすのも筋肉ですからね。いわば「目の筋トレ」です!これはやるしかない

動体視力が良くなれば、反応が良くなって、守備範囲が広がったり、速いサーブにもついていけるようになったりと、現状の課題が少しは改善されそうです(*・ω・)
ダブルスをされる方でも、前衛でのスキルアップに大きく繋がりそうですよね。

なお、一番有名な動体視力トレーニング器具はこれです。

仕組みとしては、メガネのレンズ部分が液晶画面になっていて、その画面が電気的な信号を繰り返す、要はメガネがチカチカするってことのようです。

で、その状況で普通の練習をすればいつもより視界的に不自由な状況でやることになるので、結果眼筋が鍛えられ、動体視力が向上すると。
ふむふむ、良さそう。でもこれ…46,200円…たっか…
さすがに、プロスポーツチームでも導入されている器具ですね。お値段も可愛くはない
中年の趣味テニスプレーヤーがいきなり手を出すには、敷居が高すぎました。。

そこで買ってみたのがこれです。


これは、大きさ的には野球ボールやテニスボールと同じくらいのものになり、バウンドさせると不規則な跳ね方をするため、キャッチを試みているだけで動体視力と反射神経が鍛えられるというものです。
元は、トレーニング大好き大国のアメリカで開発されたもののようで、アメリカでは結構メジャーなトレーニング方法として確立されているようです。
実際の使い方は下の動画を見てみてください(本当は、私自身が使っている動画を載せたかったのですが、下の動画の方が明らかに上手く使っていたので



トレーニングというより、半分遊びですね(笑)暇つぶし感覚でできるのがいいと思ってこれにしました。しかも1,200円くらい

動画みたいに一人でもできますし、子供がいる方は子供と遊ぶ感覚でやってみてもいいと思います!
最近毎日一人で弾ませてますが、なかなか面白いし集中力を必要とします。
この感覚は、個人的には何となくリターンで相手のサーブを待ち構えている感覚に似ていて、確かにテニスに通じている気がします。
これで、苦手なフォアリターンもきっと上手くなるでしょう!なると信じたい(笑)
もし、気になれば皆様もトライしてみてください!

今回は、動体視力のトレーニングができる器具をご紹介させていただきました!
他にもテニスで役立つグッズや本の紹介も書いていってるので、よかったら見てみてくださいね!
テニスの防寒対策 おすすめのグローブ紹介

職場に持っていけるおすすめラケットバッグ

テニスを始めて3年で草トーに3回優勝した私がおすすめするテニス上達本3選

テニスを始めて3年で草トーに3回優勝した私がおすすめするテニス上達youtubeチャンネル4選

読んでいただきありがとうございました!
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。
また、ランキングにも参加してますので、よかったら下をクリックお願いしますm(_ _)m 


テニスランキング

どうも、しゅうぞうです!

前回は、テニス上達に役立つ本を3つほど紹介させていただきました。
テニスを始めて3年で草トーに3回優勝した私がおすすめするテニス上達本3選

この記事思った以上に反響をいただきまして、反対に皆様から色々と書籍を紹介していただきました。
本当にありがとうございます。
私が紹介したのは3つなのに、皆様からは計20冊くらい紹介いただきましたw(゚o゚)w オオー!
知らない本もたくさんあったので、早速いくつか購入しました!
初~中級者目線でいいのがあったらまたブログでも紹介させていただきます

今回は、前回の書籍に引き続きおすすめ動画編です。
今は便利なもので、youtubeを漁れば、上達する上で為になる動画がたくさんあるんですよねー
そんなたくさんある動画の中から、私が初心者の頃からよく見て、上達の助けとなったチャンネルを4つほどご紹介させていただきます!

1.Tennisizm【テニスイズム】

まずはこれです!
初心者の30代男性が大会で勝つことを目標に練習していくという内容の動画です。
初心者男性とコーチ役の男性の2名が基本で話が進んでいくのですが、主人公が全くの初心者なので、本当の基礎の基礎から練習をやっていて、キャリアの浅い人には特に役に立つことがたくさん掲載されている動画だと思います。
コーチ役の方が、コーチをするときの言葉選びが適切でわかりやすく、スッと入ってくるんですよね。
これからテニスを始める、もしくは始めたばかりという人にはぜひ見てもらいたいですし、キャリアの長い上級者の方でも、基本を見直すって意味でも見ていただくと得るものがあるんじゃないでしょうか。
私にとっては、主人公男性の設定がまさに私と全く同じでして、技術習得はもちろんのことモチベーションアップにも一役買ってくれる名動画だと思います
今は一旦完結し更新はないのですが、また再開してくれないかなーと願っているところです

2.Tennisrise【テニスライズ】

こちらは正統派のテニスレッスンの動画です。
実際のスクールのコーチ達が配信している動画で、あらゆる技術のポイントを説明+実演でわかりやすく解説してくれています。
内容に無駄がなく、まさに動画でスクールレッスンを受けている感じです。
初級者~中級者位をメインターゲットにしている動画がたくさんあるので、スクールでの練習に行き詰まった時やテニスをしていて課題が見つかった時などに、ピンポイントで見ていただくととても参考になると思います!
スクールコーチがやっているレッスン動画はたくさんあると思いますが、私はこれが一押しです。

3.宮澤盛男

こちらは、宮澤盛男さんという個人の方のチャンネルでやっているテニス動画です。
主人公となる宮澤さん(通称モーリーさん)は40代とのことですが、まあ大きい括りでは私と同じ中年男性(笑)親近感を覚えます。
この動画、松井俊英プロや榊原太郎プロなど結構すごい方が定期的にコーチ役として登場してまして、モーリーさんと一緒に練習しているのですが、一般プレーヤーとプロ選手が一緒にやってるとこうも違うんだ…ということがよくわかります。
こちらも、レッスン動画がメインのチャンネルですが、ゲストを含めてワイワイやってる感じなので、会話や掛け合いも楽しくて面白いです
さらにいうと、モーリーさんは現在中級レベルの大会で優勝することを(長いこと)目標にしてやっていまして、現在の私の目標とも合致しています。
モーリーさんより中級レベルの大会で優勝するのが、現在の私の密かな目標であります

4.インスピリッツテニスクラブ

こちらは、インスピリッツテニスクラブというテニスクラブが配信しているチャンネルになります。
私は現在、いくつかの草トーに定期的に参加していまして、日々の練習の目標にしていますが、そのうち最もよく出場させていただいているのが、このインスピリッツテニスクラブで主催されている大会です!結構有名な大会なので、ご存知の方は多いと思います。
このチャンネルでは、大会の模様や大会での試合を通じてどう上達に繋げていくかや、テニスクラブ所属のコーチたちの真剣試合の様子なんかも配信されていて、見るとまた大会に出場したくなったり、練習へのモチベーションが湧いてきます。もちろんレッスン動画も多いです!
最近では結構コミカルタッチな動画も増えてきていて、基本真面目なスタンスの中にまた違った味が加わってきてますます面白くなっていると思います。
少し話はずれますが、経験の浅い方でどの大会に出たらいいかわからない!という方がいれば、このインスピリッツテニスクラブの大会はオススメです!
よかったら見てみてください
http://inspirits-tennis-club.com/

本日は、私が上達する上で参考にさせていただいた動画チャンネルの紹介をさせていただきました。
どれも楽しくて、参考になるので、見ていると時間を忘れてしまい、長時間見ていたなんてこともよくあります(笑)
良かったら見てみてください!


テニスで役立つグッズ紹介記事も書いていってるので、よかったら他の記事も見てみてくださいね!
テニスの防寒対策 おすすめのグローブ紹介
職場に持っていけるおすすめラケットバッグ

読んでいただきありがとうございました。
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。
また、ランキングにも参加してますので、よかったら下をクリックお願いしますm(_ _)m 


テニスランキング





どうも、しゅうぞうです!

※この記事、ほぼ同じタイトルで先日アップしていたのですが、間違って消しちゃいました(´;ω;`)
そこで、今一度アップします。

私、自己紹介の記事に書かせていただいた通り、30過ぎてからテニススクールの初心者クラスからテニスを始めました。
で、今約3年ほどやっていますが、(高いレベルではないですが)一応草トーで3回優勝することができました!
ここまで来るのには、スクールや実践での練習はもちろんですがいろんな書籍や動画を参考にさせていただき試行錯誤してきました。

なので、今回は私が上達する上で役に立ったと思っている書籍を5つほど紹介させていただきます!
どれもかなりいいので、伸び悩んでいる方や更なる上達を求めている方がいらっしゃれば是非読んでみてください
画像はリンクになっているので、本の価格や詳細はそちらで見てみてください♪

1.ウィニング・アグリー 読めばテニスが強くなる

まずはなんと言ってもこれです!
マッケンローやボルグと同時代に活躍したブラッド・ギルバート氏が自身の経験を元に書いた本で、地力で勝る相手とどう戦うかをテーマに、頭を使って戦うことの大切さを教えてくれる一冊です。
相手のプレイはもちろん性格や癖を分析し、全てを試合を有利に進める材料に活かしていくブラッドのテニススタイルは、低レベルな一般プレーヤーの私にも非常に参考になりました。
「頭を使ってプレーしろ」というのは、テニス含めてスポーツにおいてよく聞く言葉ですが、具体的にどうしたらいいか?というのは結構わからなかったりしますよね(゚∇゚ ;)エッ!?
この本は、「テニスでは、頭というのはこうやって使えばいいんだよ」ということを教えてくれます。
もちろん私の技術レベルの問題で、頭では分かっていても実行できないことも多いのですが(´;ω;`)
とはいえ、例え完璧に実行できなくてもやりたいことをイメージしてプレイするのと何も考えずプレイするのとでは上達速度は絶対に違ってくると思います。
「読めばテニスが強くなる」というキャッチフレーズは間違っていません!
市民大会や草トーに挑戦している方は、読んでおいて損はない一冊です。シングルスよりで書かれていますが、もちろんダブルスプレーヤーにも参考になるところは多いと思います

2.テニス・ダブルス ポジショニングの基本と実践

こちらはガッツリ技術系の本です。
スクールに通っていた頃、よくコーチからポジショニングの悪さを指摘されていたのですが、指導を受けてもチンプンカンプンでした(゚∇゚ ;)エッ!?
それで、買ったのがこの本です。基本的なポジション取りから、シチュエーションごと、プレーヤーのタイプごと、戦略ごと等、様々な条件下でのポジショニングが網羅されており、スクールレベルの方から競技としてダブルスに取り組まれている方まで、幅広く頼りになる一冊ではないでしょうか
DVDもついていて、本に書いてあることを実際の映像でも確認できるので、イメージも掴みやすいです。DVDのナレーションが超暗いのだけが気になりましたが…。
私は今はダブルスをする機会はあまりなくなったのですが、ダブルスをする前日などにはこの本を引っ張り出してきては読んで復習しています。
レベルの高い人は無意識に実践できている人も多いと思いますが、まだ始めたばかりの方~中級者位の方には、ダブルスを理屈で理解するのには最適だと思います。
ショットの技術が同じでも、ポジション取りが変わるだけでテニスの難易度ってこんなに変わるんだ!ってことを実感できると思いますよ

3.自分で作るテニス筋力

最後は肉体系、フィジカル系の本です。
私、昔バスケットをやってるときはジムに通って体を大きくするような筋トレをしていたのですが、テニスに関してはどういう体の鍛え方をするのが効果的なのか、テニスを始めた当初よくわかりませんでした。
そこで購入したのがこの本です。
テニス筋力と銘打ってるだけあって、「筋肉モリモリつけようぜ!」な内容ではなく、テニスにとって大切な動きをより速く、正確にするにはどういう箇所を強化すべきかという点を非常に理論的に解説してくれており、女性でも使える本かなと思います。
趣味でプレイされる方は、週1~2回程度テニスをされる方が多いと思いますが、テニス以外の日にテニスに向けてコンディションを整えるのにもってこいの一冊だと思います!
私も現在では仕事上がりの自宅でのちょっとした筋トレで、この本に書いてあるメニューをやっています。
どうせ筋トレするなら、テニスに直結した内容でやりたいですからね

以上が、テニス上達の上で私が選んだおすすめ3選です。
どれも、値段以上の価値があると思いますので、ぜひ買って読んでいただけたら嬉しいです!
今度は、私が上達の参考にしているyoutubeチャンネルも紹介していきたいと思いますので、ぜひご覧下さい。

テニスで役立つグッズ紹介記事も書いていってるので、よかったら他の記事も見てみてくださいね!
テニスの防寒対策 おすすめのグローブ紹介
職場に持っていけるおすすめラケットバッグ

読んでいただきありがとうございました。
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。
また、ランキングにも参加してますので、よかったら下をクリックお願いしますm(_ _)m 


テニスランキング




どうも、しゅうぞうです!

冬テニスの寒さ対策について、いろいろ教えていただきありがとうございました。
冬用のスポーツウェア、今めちゃくちゃいいのあるんですね。。。
暖かいのはもちろん、軽いのもいっぱいあってビビりました。
持ち運びも楽なやつ、早速買いました(笑)

前回は、テニススクールの初級クラスでテニスの楽しさに目覚め始めたお話をさせていただきました。
(前回の内容はこちら

初級クラスも数回レッスンを受ける中で、ストロークに関してはまあなんとかそこそこできるようになってました。コーチのように上手い人が相手であれば、かなりの回数ラリーを続けることもできるようになってきましたし、初級クラスの中でもストローク(フォア・バックとも)に関してはまずまずな部類だったと思います(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

しかし、、、アレです。
ボレー」ですよ問題は。ボ・レ・ー!!!!

これに関しては、何回やってもちっとも上手くなりませんでしたね。
なにせ、まともにラケットに当たらないんですよ。。
スカッ!!って感じで空振りすることもしばしばありました。
ストロークは、空振りなんてまずしなくなってきたのに何故…(´;ω;`)
ワンバウンドで打つのと、ノーバウンドで打つのでこんなに違うとは…って感じでした。
ボレーボレーはまだなんとか誤魔化せるんですが、問題はボレストとかいうやつです。
このメニューになる度に鬱ってましたね(笑)

コーチに聞いても全然上手くならないので、とにかくイメトレもしましたし、youtubeで参考になりそうな動画も見まくりましたし、上達本みたいな本も買いました。

でも、レッスンではろくに上手くできず。
楽しかったはずのレッスンも、終わった後に凹むことが増えていったのを今も覚えてます。

そんな中、私、一つの改善策を思いつきました。
練習時間、増やすしかなくね…?

読んでいただきありがとうございました!
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。

また、ランキングにも参加してますので、よかったら下をクリックお願いしますm(_ _)m

テニスランキング

どうも、しゅうぞうです!

昨日もナイターでシングルスをしてきましたが、本当に寒かった。。
冬テニスの防寒で、おすすめあれば教えて下さい(。・ω・)ノ゙

 

前回は、テニススクールに入って4回目で初心者クラスから初級クラスへの変更を打診されたところまでお話させていただきました。
(前回の内容はこちら

いや、言われた瞬間はとんでもなく驚きましたよ。。
もう初心者卒業!?」って感じで。
なんとなく、2~3か月くらいは初心者クラスなんだろーなーって勝手に思ってましたからね。

でも後々聞いたら、別に特別なことではありませんでした。
人によっては初心者クラスは1回とかで初級クラスに移る人もいるとかで。。
もしかして私センスある??(・∀・)」とか一瞬でも思ったのが恥ずかしいです(笑)

と、そんな感じで初級クラスに移ったわけですが、1つ上がっただけでだいぶテニスっぽいことをやってる感は出てきましたね。
生徒さん同士でもしっかりラリーが続くことも多くなりましたし、ゲームを想定した練習っぽいこともやるようになりましたし。
私も最初は不安でしたが、数回くらい初級で練習するうちに少しは慣れ、1か月もすればなんとか足を引っ張りまくるという状態は回避できるようになり、「もっとこうしたらいいのかな?」とか「今のはこうしたからミスしたんだな」なんてことを考える余裕も出始めました。

しかし…
一切上手くいかないことがありました。。。
それは、、、「ボレー」です。。

読んでいただきありがとうございました!
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。




テニスランキング

どうも、しゅうぞうです!

前回は、テニススクールの概要と、テニススクールに入ってテニス始めることしたよー
というお話をさせていただきました。
(前回の内容はこちら )

ちなみにスクールは、どこがいいとかそういうことも全く知らなかったので、自宅から一番近いスクールの無料体験レッスンなるものを受講してそのまま入った感じです。
新規入会キャンペーン的なものをやっていて、ラケットだのシューズだのバッグだのをサービスでくれたので、まんまとそれに釣られたって感じですね(笑)
でも、コーチの人も明るくて、同じクラスの人も良い方ばかりだったので、特に迷うこともなく入りました。

入ってみると、そこは初心者クラス…
当然ですが、基礎の基礎、みたいなことからやるんですね。
ラケットの握り方(グリップ)とか、構え方とか、素振りとか…

私は以前書いたとおり、中学校からずっと一貫してバスケットボールをやっていましたので、そのスポーツの基礎の基礎をしっかりやるのは実に20年ぶりくらいでした。
スポーツは違うんですけど、中学校で部活に入りたての頃を思い出して、少し懐かしい気持ちになりましたね。

それにしても、テニスを始めて一番最初に思ったこと…
難しい!」「とにかく難しい!
もう、アウトだのネットだの言ってる場合じゃないんですよ(笑)
とにかく、どこに飛ぶかもわからん!!という状態でした。
空振りもすこぶる多く、三振王とかあだ名付けられてもおかしくなかったですね。
初心者クラスの中でも、間違いなく一番下手糞でした。。。

なにせ、道具を使ったスポーツってほぼ初めてでしたからね。
かろうじて、高校の体育でやったソフトボールくらいか…?

初回にして心が折れそうでしたね。゜(´Д`)゜。
でも、2回、3回とレッスンを受けるうちに、ぼんやり感覚は掴めてきました。
ラリーも、コーチが打ちやすいボールを返してくれてるお陰で何回か繋がるようにもなりました。
※ただし、繋がるのはコーチが相手の時のみでした。相手が似たり寄ったりの初心者さんだと…いや私が悪いんですけどね…

本当に下手ではありましたが、全く新しいことにチャレンジするのはとても新鮮で、1回80分レッスンはあっという間に時間が過ぎていったのを覚えていますね。
やはり人間、新しいことにトライするってことはいくつになっても良いものだと思いました。
「上手くなって、早く上のクラスに行きたいなー」とか無邪気に思ったりして(´∀`*)

で、4回目のレッスンに行ったとき、衝撃が走りました。
コーチ「しゅうぞうさん、今日から初級クラスに上がってくださいね!」

…………は??

続きは次回書かせていただきます。
読んでいただき、ありがとうございました!
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。




テニスランキング

どうも、しゅうぞうです!

最近は寒くなってきて、複数人でテニスをしていると待ち時間が結構つらいですね。。
私は、シングルスをメインでやっているので、冬でも結構発汗が多いのですが、その分休憩時間で動きが止まるとものすごく寒いです。
なんか、瞬間冷却される感じです。
冬でも元気にテニスされる方は多いと思いますが、体調には気を付けて、風邪など引かないようにしましょう!

前回は、新しく始める趣味で「テニス」を選んだかを書かせていただきました。
(前回の記事はこちら
なので、今回はどのようにテニスを始めたか始めた当初のお話を何回かに分けて書いていこうと思います。

テニスは、大人になってから始める趣味としては、比較的敷居が低い、つまり始めやすい趣味と言えると思います。
何故かというと、世の中には「テニススクール」というとっても便利なものがあるからです。

テニススクールは、日本全国どこでも存在しています。
「都市部しかないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、全然あります。
むしろ、地方の方が土地が広いので、都市部よりも設備がいいスクールがあったりすることも珍しくありません。
Yahoo!やグーグルで、「テニススクール 〇〇(〇〇は県名とか市の名前とか)」で検索してみてください。結構な数のスクールがヒットする所、多いんじゃないでしょうか?

知らない人は、「素人が行って大丈夫なの?」と思われるかと思いますが、
結論から言うと「素人でもまったく大丈夫」です。
テニススクールは、レベル分けが何段階もあり、私のようなまっさらな素人であっても、同じようなレベルの方と同じクラスにしてくれるので、全然大丈夫なんです。
大人相手の商売なので、怒鳴るとか怒るとかはなく、優しく楽しく基礎から教えてくれます。

私も、スポーツと言えばバスケットボールしかまともにやったことがなかったので、当然一番下のクラス、初心者クラスのようなところに入れてもらい、テニスキャリアをスタートすることになったわけですが、詳しい話は次回のブログで書いていきたいと思います。

読んでいただき、ありがとうございました!
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。



テニスランキング

どうも、しゅうぞうです!

前回、テニスを始めたきっかけについて書かせていただきましたので、
今回は、「なぜテニスを始めたのか」について書いていきたいと思います。
(前回の記事はこちら

前回書いた通り、長年にわたり第一の趣味だったバスケットボールを怪我を理由に辞めたわけですが、趣味人のしゅうぞうとしては、仕事も家庭も全部忘れてのめりこめるような何かが新しく欲しいなと思っていました。
そこで、「どういうことを趣味にしたいか?」ということを考え始めた時、下の3つの希望が出てきました。

体を動かすこと
おじいちゃんになっても楽しめること
手軽にできること

1つ目の希望については、「やはりスポーツがいいな」ってことですね。
怪我はしましたが、手術とリハビリのおかげで、幸い後遺症もなくほぼ体は良くなっていましたし、ずっとバスケットをしていたおかげで体力は有り余っていましたからね。。
文化系の趣味も素敵だな―と思いつつも、やはりスポーツがしたかったですね。

2つ目の希望については、どうせやるなら一生できることがいいなってことです。
例えば、バスケットだとどうしても若い人のスポーツで、40代50代60代と年を重ねながら続けていくのは結構厳しいです。。
体力面もそうですし、私がいい例であるように、怪我のリスクもかなり高いですからね。
(とは言え、おじいちゃんになっても続けてる人もいます。そういう人は本当にすごいと思います)
なので、新しく何かするのであれば、なるべく年齢に左右されないものがいいなと思ったんですね。

3つ目の希望については、頻繁にできることがいいなってことです。
バスケに関しては、社会人になってからも週に2回くらいに頻度ではやっていましたので、できればそのくらいやれるものがいいなと思ったんですね。
月に1回しかできないとかでは、ちょっと物足りないですからね。

で、3つすべて満たすものが…
テニス
これしかないと思いました!


1つ目については言わずもがな
王道のスポーツの一つですからね。

2つ目
についても、テニスはばっちりです。
始めてみてから実感したのですが、テニスはプレイしている年齢の幅が広い!!
下はそれこそ幼稚園くらいから、上は80歳オーバーの人までやっています。
平均寿命が延びてる昨今、もしかしたら100歳プレーヤーなんかも結構いるのかも…
その一つの大きな理由がおそらく、「人とぶつからない」ってことかなと思います。
バスケやサッカーで、どんな時によく怪我をするかと言えば、やはり人との接触ですからね。
それがない分、テニスはリスクとしてはだいぶ少ないんじゃないかと思っています。

3つ目についても、クリアしてますね。
皆さんも、その辺の公園とかでテニスをしている人たちを見かけたことってあると思います。
そこまで手間をかけず、週末や仕事上がりに楽しめると踏みました(実際その通りでした)。


と、こんな思考で始めたテニスですが、実は最後まで迷ったのがゴルフでした。
ただゴルフは、「思いっきり汗をかくスポーツ」というイメージではなかったこと、手軽にできるという点でテニスよりは難しそうだったことあたりを考慮して、断念しました。
今でも、やってる人の話なんかを聞くと面白そうだなーとは思うんですけどね。

でも、思い切りテニスを楽しめている現状があるので、その時の選択は間違ってなかったなと思っています!

次は、テニスを始めた当初の話を書いていこうと思います。

読んでいただき、ありがとうございました!
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。

テニスランキング

このページのトップヘ