サボリーマンしゅうぞう テニス情報誌

趣味でテニスをしている人にとって、楽しく参考になる内容を書いていくブログです。 テニスを始めようとしている方、どこでテニスをしたらいいかわからない方、テニススクールに通っている方、テニスサークルに入っている方、仕事をしながらテニスをしている方 などに是非ご覧いただき、ご自身のテニスライフにお役立ていただけたら幸いです。

タグ:テニス初心者

どうも、しゅうぞうです!

クリスマスも終わり、色々年末のバタバタ感がある時期になってきましたね。
今年のテニスは、皆様いかがでしたでしょうか?

私は、年始に「仕事面」「趣味面(テニス面)」「家庭面」「その他面」と4つの分野で目標を立てるようにしていましたが、テニスの目標と達成状況はこんな感じになりました。
草トー初級に優勝する達成
草トー初中級に優勝する未達成(悔しい…)
草トーオープンに出場する達成(全敗でしたが)
慶應チャレンジャーを観戦する達成

「下の2つ、簡単すぎない?」と思われるかもしれませんが…(笑)
意外と難易度高いんですよ。
3つ目なんて、ボコボコにされる覚悟が必要なんですからね!(案の定されましたし
4つ目も意識しないと、見過ごしちゃいますからね。
この2つは、今後テニスを続けていく上で、やる気を上げていくために設定しました。
趣味レベルだとしても、やはり何かを目標にしてやった方がメリハリも出る!というのが私の考えで、初心者の頃から目標立ては継続してやっています

皆様は、どんなことを目標にして、テニスをされてますでしょうか?
もし、「特に目標はなくやってます」という方がいれば、小さいことでもいいので、何かしら形のある目標を立ててみることをお勧めします!
それだけで、テニスへの取り組む意識もちょっと変わって、もっともっと日々のテニスが楽しくなると思いますよ

ということで今回は「テニスをする上でのおすすめの目標」というテーマで書いていこうと思います!新年に向けて、皆様も目標を立てていただき、さらに充実したテニスライフになることを願って書かせていただきます。(ちなみに、目標はあくまで私のような趣味レベルプレーヤー向けですのでご了承ください)

1.試合に勝つことを目標にする
テニスが、相手と勝敗をつける競技である以上、まずはこれではないでしょうか。
勿論、試合とか大会は考えずにサークルやスクールで楽しくやるというのも全然アリだと思います。
ただ、長くやってるとどうしても、マンネリ化してしまったり、ちょっとなあなあになってしまうということも人間あるかと思います
なので、そこにちょっとしたスパイスということで、試合出場を盛り込んでみると、いつものスクールやサークルでのテニスがもっと楽しくなるはずです
「私下手だし、試合なんて…」と思う必要は全くありません!
テニスは幸いにして、たくさんの大会が毎日のように開催されていますし、どんなレベルであってもぴったり合う試合はたくさんあります
おすすめの大会については、また今度ブログで掲載させていただく予定ですので、そちらも参考にしてみてください。

2.スクールでの昇級を目標にする
これも、スクールに行かれている方には一つメジャーな目標としてアリだと思います。
スクールによって、昇格する要件はいろいろあるのかと思いますが、少なからずスクールのコーチに上達を認めれなければ上のクラスには行けない(はず)ですからね。
客観的に自分の上達を測れるいい指針になると思います
私も、テニスを始めた当初はスクールでしかテニスをしてませんでしたから、とにかく昇格を目指してやっていたところがありました。
昇格を妨げている技術(私の場合はボレー)を何とか上達させようと、あれやこれや試行錯誤して、ボレー系のレッスンメニューの時は、上手くなったことをコーチにアピールしようとして(笑)
まあ昇格昇格!になりすぎるのもどうかとは思いますが、ちょっと意識するだけでも日々のレッスンにちょっとした緊迫感が出て、モチベーションアップにつながると思います!

3.サークルでのゲーム練習の成績を意識する
サークルやテニスオフを主体にテニスを楽しまれている方には、これも一ついいかなーと思います。
上達を測る大きな指針の一つは、やはり「数字」です。
普段のゲームでどれくらい勝ったか、ダブルフォルトは1ゲームの中で何回か、サーブキープ率は何%か、アンフォースドエラーはいくつか… 
そういうところがどのくらい変化しているのかを追っていくのもおすすめです!
「そんなのいちいちゲームしながら覚えてられないよ」という人はゲームをぜひお手持ちのスマホで撮影してみてください
これは、数字確認以外にも自分のフォームや打ち方をチェックできるのでいいですよ。
結構思ってるフォームと全然違うことってありますからね…私も初めて自分のフォームを撮影して見てみたときはあまりの酷さに衝撃を受けました(笑)
スマホ一台と簡単なスマホ用スタンドがあればすぐできるのでぜひ撮ってみてやって見てください。
数字と映像で自分のテニスを知れば、上達も早いですよ!
スタンドは私は↓のやつを使ってます。ラケットバッグにも入るのでよかったら画像から詳細を見てみて下さいね


今回は、テニスをする上での目標について書かせていただきました。
ただでさえ楽しいテニス!具体的な目標を立てることで、もっともっと楽しくなると思います。
来年に向けて、皆様もやってみてくださいね!
私も、来年も頑張っていきたいと思います


読んでいただきありがとうございました!
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。
また、ランキングにも参加してますので、よかったら下をクリックお願いしますm(_ _)m

テニスランキング

どうも、しゅうぞうです!

本日はスクールネタを書いてみたいと思います。
社会人でテニスをしている方って、スクールに通われているって方も多いのではないでしょうか?

私も今は通っていないのですが、テニスを始めさせてもらったのはテニススクールでしたし、経験やレベルに関わらずテニスを楽しめる場として、スクールはとてもありがたい場だと思っています

ですが皆さん、通うスクールを選ぶ時ってどのような基準で選びましたか?
私の場合は、最初は何も知らなかったので何も考えずに家から一番近いスクールをチョイスしたのですが、今考えればもう少し色々検討してからでも良かったかなと思います。
勿論、そのスクールが良くなかったというわけではないのですが、どうせやるなら一番納得するところでやれた方がいいですからね!検討の余地はあったかなと思います。

そこで、私が思うテニススクールを選ぶ時に気にすべきポイントを5つほどご紹介させていただきます!

ポイント1 家または職場から行きやすいスクールか?
なんだかんだとありますが、やはりまずはこれですかね。
特に平日の仕事上がりにスクールに行く場合は特に大事ですよね。
職場から行くのが遠い、スクールから家に帰るのも遠いとなってしまうと、行くのが億劫になってしまうのは人間であれば当然の心理ですからね。
人によって行き帰りにかかる時間や距離の許容範囲は異なると思いますので、「自分だったらどのくらいであれば負担に感じないのか?」をしっかり把握した上で選ぶのがいいと思います。
ちなみに私の知人で、職場から家に帰るのと反対方面の電車に乗らなくては行けないスクールに通っていた方がいましたが、さすがに長くは持たず音を上げていましたね。。
ネックは、毎度かかる交通費とレッスン後に家に帰ると23時を回ってしまい、翌日の朝がキツイという理由だったようです。。
テニスのせいで仕事に影響が出てしまうようでは社会人プレーヤーとしてはNGですから、やはりこのポイントは重視して考えるべきかなと思います。

ちなみに、一応ブログで職場に持っていきやすいラケットバッグについても書いてるので、良かったら読んでみてください
職場に持っていけるおすすめラケットバッグ


ポイント2 1クラスあたりの人数は多すぎないか?
これも超重要だと思います。
どんなにいいコーチ、いい立地、いいレッスンのスクールであっても、スクール生が1クラスにすし詰め状態であれば、それは受講する側にとってはいい状態とは言えないと思います。
人数が多いと、どんなメニューでも待ち時間が長くなって、かつ1回あたりの時間がとても短くなってしまいますからね。。
打ってる時間より待ってる時間の方が長いなんてことにもなりかねません
とにかく数打っていろいろなボールや状況に慣れることが重要な初級~中級クラスの方は特にこのポイントは注意すべきだと思います。
この点を確認するには、体験レッスンを受けて、受けたクラスだけではなくて周りのクラスも見て、すし詰めになっていないか見てみるのがいいと思いますね。体験レッスン後に、「一番多いクラスで人数は何人ですか?」とフロントの方に聞いてみるのもアリだと思います。
都会のスクールだと、ある程度しょうがないところもありますが、それでも多くて8人以下までを許容範囲とすべきと思います。10人以上になってしまえば明らかに多く、おそらくレッスンを受けても物足りない感が残ります。

ポイント3 コートの質はどうか?
コートの質というのは、サーフェースのことではありません。
もっと低い次元の話です。
もしかすると都市部のみの話なのかもしれませんが、スクールによっては、アレーがない省略版(?)のコートであったり、ビルの中にあるため天井がやたら低いコートだったり、フットサルコートをテニススクールとして利用している為、全くラインが引いていないコートだったり… ということがあります。これ本当です。
私の場合、通っていたコートはビルの屋上にあった為、ボールがビル外に出ていかないようにコートの上にネットが張ってあったのですが、このネット位置が超低い。。
私は初心者だったので、当初そのことに全く違和感を覚えなかったのですが、外のコートで初めてプレーしてビックリ!天井がないではありませんか(笑)
このコート問題も、スクールとしても苦肉の策なんだと思います。土地の広さと立地はやむを得ないところがありますからね。
しかし、テニスを競技として上手くなる為には、初心者であろうとしっかり正規の規格のコートで練習するに越したことはないと思います。コートの広さとボールの高さを上手く利用するというのは、テニスにおいて重要なファクターですからね!
このポイントはしっかり調べないとわからなかったりしますので(スクール側もあまり大っぴらに言いたいことではないでしょうから)、やはり実際スクールに行って確認するのがいいと思います。

ポイント4 振替はしやすいか?

振替というのは、通常受講しているクラスを休み、代わりにほかの曜日や時間帯の別のクラスを受講することですが、これがしやすいかどうかで結構スクールライフの快適さが変わります。
今は、だいたいのスクールでWEBでお休み連絡と振替手続きができるようになっているかと思いますが、小さいところだったりするといまだに電話で手続きしないといけなかったりします。そうなると、かなり面倒ですからね。
後は、振替をいつまでに消化しないといけないかというルールを定めているところもあります
今月休んだ分は、今月中に消化してください!みたいなスクールだと、都合が合わず消化できなかったりして、1回分の受講料が無駄になっちゃいますからね
また、ポイント2と少し被りますが、休んだはいいけど他のクラスがどこもいっぱいで、振替たいけど振替先がない!みたいなスクールもちょっと厳しいかもです。
振替システムについては、入会時によく説明を聞いて、利用しやすいものかどうか判断するのも大事です。

ポイント5 インドアかどうか?
このポイントは、ほかのポイントと比較すると少し優先度は落ちるかなと思いますが、インドアだと天候に関係なくテニスができるのが大きいですね。
私も経験があるのですが、梅雨の時期に雨でレッスンが何週にもわたって中止になり、振替が溜まりまくって消化に一苦労した、ということがありました
※たいてい雨で中止になると、その分は振替に回されるスクールが多いと思います。
なので、どちらか選べるのであれば、インドアの方が予定は崩れなくて済むかと思います!

いかがでしたでしょうか?
今回は、私が考える「テニススクールを選ぶときに注意するポイント」について書いてみました。
なお、費用とコーチの質についてはあえて書きませんでした。
あくまで私の考えですが、テニスを上達する目的で通うのであれば、多少の費用差は考えず、上に書いたようなそれ以外のポイントでスクールを選ぶべきだと考えているからです。
また、コーチの質についても、上手い方になってくれば別だと思いますが、そこまででもないうちはどのコーチに習うか?というよりも、いかにテニスというものに慣れるか?が大事だと思います。

色々な考えがあると思いますが、もしテニススクール入るか検討されている方や、スクールの変更をお考えの方がいれば、少しでも参考になれば嬉しいです


読んでいただきありがとうございました!
定期更新予定ですので、よかったら読者登録をお願いします。
また、ランキングにも参加してますので、よかったら下をクリックお願いしますm(_ _)m

テニスランキング

このページのトップヘ